読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有馬路や 尾花手招く 湯浴み客



 波打つ黄金の薄を見ていると「有馬兵衛の、向陽閣へ」 そんなCMソングが聞こえてくるような‥‥

   ◇尾花茎 奥歯で噛んで 旅鴉◇ (季語 尾花)

 縞の合羽に三度笠、逸れ流れて旅鴉。そんな旅鴉になった気にさせる薄の穂。昔人間でござんす。

   ◇良夜冴え 有馬の里に 湯のけむり◇ (季語 良夜)

 旅行けば、駿河の国に、茶のかおり。 名代なるかな東海道、名所古跡の多いところ、中に知られる羽衣の,松と並んでその名を残す‥‥と、広沢虎三唸る浪花節の世界に入り込みたくなるような名調子のパクリ三句である。

 若い頃は見向きもしなかった浪曲が、歳をとると、こう言った単純な物語が好きになるようである。「一向にそんな気にならない」あなたは、まだまだ若いからだろうう。
 現在、趣味の一つとして、歌謡浪曲などを耳コピーしている。ボケ防止というか、かなりボケてしまったのを少しでもエンジン?ブレーキをかけている積りである。オートマでも、長くて急な下り坂では、エンジン?ブレーキをかけると思うが、エンジン?ブレーキはマニュアル全盛時代に使われた言葉で、今は死語であろうか。

体操、柔道、水泳、日本のお家芸


オリンピックといえば体操NIPPON、柔道NIPPON、水泳NIPPON 日本のお家芸と小さいころのアナウンサーの絶叫にも似た興奮した言葉が今でも耳に残っています。

そして1964年、東京5輪升降桌で3位に入った円谷選手のことをうたった「一人の道」を、オリンピックのたびに思い出します。

その円谷選手の自殺というニュースを聞いた1968年、私はまだ13歳、母や祖母が「可哀想に」と言っていたように思います。
時代という背景もあったのかもしれませんが、今あらためてWikipediaで読んでも、ヒドイ!と思います。

円谷選手が自殺した後に作られた歌「一人の道」を聞いた時は、心が震えました。
この歌は今でも、少しは歌えます。歌詞の升降桌中に「日本のためのメダルじゃない」というところがあり、「そうやそうや」と当時思ったものです。
その思いは今もあります。

「一人の道」は、1974年に発売されピンク?ピクルスのシングル曲。

歌詞はコチラで見られます。

YouTubeから探してきました

近頃では、若い選手の方々がわりとドライにオリンピックを楽しむという面も一部見えますが、やはり日本の代表とか、メダルの期待とか様々なプレッシャーを抱えて試合に望んでおられることと思います。

日本のためのメダルじゃないんですけど、まだまだ日本のためのメダルにもなっていると思えてしまいます。

今日は体操NIPPONが、団体で金メダルをとったので、何度升降桌も放送していました。

スポーツは、確かに人の心を動かしますね。

したらあま子に


次の日、とにかく医者へ、と車に向かうものの、何かにつかまりながらでないと
どうにも立てない。5メートルほどの距離を10分以上かけて車に到達。
自分で運転して何とか医者天然狗糧 に行くことができました。
腰が立たないから両手で膝を支えて車から降り、ひざを両手で押すように支えて歩き、
診察室に入り事情を話すと、
「ギックリ腰ですな。念のため 腰のレントゲンも撮りましょう」との事。
レントゲンなんか無理~っ、寝かせてくれい、と思いましたが、仕方なくレントゲン室に。
台に乗るのも一苦労。遅々たる動きでスローモーションの世界營養師 です。
「腰を伸ばして息止めて」って言われても、それができないっつうの!!
看護士さんに抱えられながら撮影を終え、またもや診察室へ移動。もう泣きそう…
レントゲンを見た先生の「久々に見た、こんな頑丈でキレイな骨。骨年令ハタチ!」
の言葉に「わ~い!」と喜んだとたん、ズキッ。
「電気かマッサージかして明日から働けるようにして」と頼みましたが、
「急性のギックリ腰はマッサージや電気などもっての他。触っかん。1週間安静!」
との診断でした。

その日は楳図かずおのヘビ女状態での移動でしたが、翌日はターミネーター移動に
回復しました。
2日ほどは自分のお尻も拭けず情けなさに涙したが、3日目からはキレイに拭けました。

骨はハタチでも身体はやはり50です。
咳してもズキッ、くしゃみしてもズキッ、寝返中醫抗衰老 りうってもズキッ、もう何しても痛い。

なのにダンナは夕食時間になるとチンと椅座り、「ご飯は?」とひとこと。
「作れるかぁ~っ!!」と怒鳴りたいとこですが腰に力が入らんから怒るのもできん。
私の状態を見てそんなん言うかと頭に来たけど、「作って」と言うのもしゃくにさわるので、
「覚えとけよ」と思いながら死ぬ思いで作りました。

母は太陽、とはよく言ったもの。母が倒れたら家庭は回りません。

母の存在の大切さと偉大さを改めて感じた次第です(感じたのは私だけ…)。

皆様も奥様やお母様を大切に、日ごろからちゃんと手伝い助けてあげて下さい。少し寒さがゆるんで春らしくなったなぁ、と思ったのもつかの間、もう梅雨入り?

く忌み嫌う信頼



普通じゃないか?? と思う人もいるかもしれないが、お局さまが理不尽にキレまくるのはいつものことで、自分が見た限德善健康管理りでは一回も謝罪しているところを見たことがない。

気付いたころには、お局さまはたまに怒ることはあっても、理不尽にキレることはなくなっていた。

自分がこの職場を辞めるとき、けっこう色々と心配してくれたりもした。

 

いま思うと、色々とつながる部分がある。

自分はこのお局さまのような人と、むかし一緒に仕事をしていたことがある。

 

「自分が慣れていない人に対して、必要以上に厳しい人」

 

「それは仕事への慣れの問題ではないか」と思う人もいると思うのだが、同じような行き違いや仕事上の失敗があっても、初対面に近いころとある程度仲良くなったあとでは対応が天と地ほども違う。

会ったばかりのころは目の敵にされていたのに、慣れてきたらいつの間にかしょっちゅうお菓子をくれたり、仕事を率先して手伝ってくれたりした。

何かきっかけがあったりではないので、こちらは訳も分からず面くらうこ德善健康管理とになる。

形を変えた人見知り、ツンデレの一種なのだろうと解釈している。

「性格だから仕方ないのだろうけど、もったいないな」と思うのは、デレたあとが本当に優しいからだ。「本当は優しいのに、蛇蝎のごとわれる」というのは、本人にとっても周りにとっても損な気がする。

 

あともう一点、謝られたときに気づいたのが、この人はたぶん相当強がって生きているのだろうなということだ。そういう態度をとらざるえない、何かがあったのだと思う。


「相手が自分の弱いところを攻撃してこない」といがなければ、「謝罪」という行為はできない。「弱みを見せれば、他人というのは自分を攻撃してくる」そういう発想があると、他人の前で頭など下げられない。


「自分の非を他人に対して認められる」のは、謝罪を受け入れてくれると相手を信頼する強さが必要だ。

親しい相手ならばともかく、見も知らぬ人に対してもそういった信頼を抱營養師ける人は、真に強く器の大きい人だと思う。

 

えられながしま



今だとウィキペディアの文字を見ていても、いろいろ感動が蘇ってきます。


火曜日の夜は、波留さんの「ON 異常犯罪捜女性脫髮査官?藤堂比奈子」を見ています。

が、これ、気持ち悪い????。

姉が初回で同じ理由でリタイアした気持ちが分かってきました。でも、その時は「ああ、そう。面白そうじゃん。」と思っていたのですが、気持ちが悪いと思っても、ここまで来たら誰よりも異常なヒロインがどうなっていくのか見届けなくては、気持ちが悪いと言う気持ちが納まらないような気もします。

…だから、一応リタイアはしないのですが、気持ち的には…あんまりって感じです。

私は、ご存知の方もいると思いますが、意外とシリアルキラーのミステリーは好きです。異常犯罪の物語も。

でも???これ、限界を超えている。

異常犯罪は異常な人がやり、通常または普通の人々とは一線が引かれているのが普通の感覚。普通に見えていた人がその線を超えて異常になっていくのは理解できます。でもこれは「見えていた人が」って所がポイントで、普通だった人が憎しみのあまりと言うのは、ちょっと違うような公司註冊気がするんですよね。

憎しみのあまりめった刺しの殺人とか言うのは分かりますが、普通は抑えられない衝動でと言ってもそこが人間としての限界で、普通だった人が憎しみのあまりと言えどもあんな凝った気持ちの悪い殺人をするわけがないと私は思うんですよね。何を言ってるかと言うと、前回の小銭殺人の事です。あんな気持ちの悪い事を普通の人は考えることは出来ないし、一人の死に様を見たら、その異常性に目が覚めると言うものじゃないですか。

それにひとり殺すのに100万ぐらいの小銭がいるのなら、300万の出費があったわけで、そのお金でいい方向に立ち直っていく事は考かったのかしら…だいたいゲーセンで小銭を300万集められるのかしら????。

なんか、腑に落ちん。

まっ、とにかく気持ちが悪い、コレ。

 

だけど波留さんのお芝居が上手いのか、この装っていると言うドラマ内での演技が最初は自然に見えたものが、徐々に装っていると言う感じが強くなってきました。

装っているんだと言うお芝居って、しかもそれが徐々に少しだけ崩れていくと言うそれって、かなり難しいですよね。波留さん頑張っている。もうそれだけでもリタイアしないで見ようかなと言う気持ちにもなるような気す。サイコパスになる人も、最初からではなく悩み苦しんでいるのかも壹美健 好唔好しれませんよね。←ずっと悩み苦しんで、そのまま人生の終わりまで持ちこたえて欲しいです。じゃないと、他の人に凄い迷惑が掛かります。

 

砂色の美したいこと



 エスはベランダに置かれたデッキチェアの上で再びまどろんだ。

 復帰は実に素っ気ないものだった。ロクがマサゴの警察本部に出頭し、シスカの身柄を引き取ったただそれだけだった。ロク1人で来るようにとの但し書きがついていたし、親子水入らずで語り合いたいだろうという配慮もあって、サエやアツコ達は顔を出していない。あれだけ話題にM字額なったのに、マスコミ関係者の姿もない。ロクにとってはとてもありがたいことだったが、拍子抜けのする事態だった。何かしらの圧力が働いたのだろうロクはそう考えてこの事態を納得することにした。
「お父さんですね?」担当の婦人警官に尋ねられて「はい」と答えるのは何となく気恥ずかしかったが、反面誇らしくもあった。
 玄関でそれを見送ったロクは自分の寝室に入り、ゆったりとした部屋着に着替えて心を落ち着かせた。そしてユーティリティーで顔や手を洗いうがいを済ませてから、ダイニングキッチンに顔を出した。
 シスカはダイニングテーブルの椅子に腰掛けていた。コートは隣の椅子の背にかけられている。
「おかえり」ロクは努めて平静を装って声を出した。
「ただいま」シスカがはにかみながら答えた。
「大変だったな。疲れたろう?少し眠るか?」ロクは成立公司ようやく労いの言葉をかけることができた。
「ううん」シスカは顔を左右に振った。「大丈夫。話しがたくさんあるんだ。今、眠ってなんかいられない」シスカの声が強くなった。
「そうだな。俺も聞きたいことが山ほどある。どこかへ食事に行くか?それとも」全部を言い終わる前にシスカが言葉を被せた。
「家で食べたい。誰にも邪魔されたくないんだ」
「わかった。じゃぁ、食事の支度をしながらでいいか?材料はたっぷりと揃えてある。酒もな」ロクは最後の部分に力を込めた。
「そうしよう!何を作る?」シスカの顔に笑顔が戻ってきた。2人は並んで冷蔵庫を覗き込んだ。
 ロクはゆっくりと進行方向を見渡した。キャノピーの外はどちらを向いても見渡す限りすべてが砂漠だ。それはある意味洗練されたい世界だったが、高温、細かい砂、気まぐれな砂嵐、すべての環境は劣悪だった。だがそんな環境の中、フライトは微妙なバランスを保ちながら順調に推移している。今のところは、という但し書き付ではあるが。気温が相当に高いため空気の密度が低く、設定通りの高度を維持するためには、いつも以上に神経を使う。ロクはコパイロット席に座っているキャシーにチラリと目をやった。キャシーはそれに気づくと瞬間的に笑みを浮かべたが、またすぐに見張り業務に戻った。
 キャシーはここへ赴任してからコンビを組んだ整備士で、いっしょに飛び始めて3年になる。年齢は33、明るくて仕事熱心だが、コンビを組んだ頃はまだ経験が浅く、整備士としての技量はいまいちだった。だが意欲的で吸収が早く、まるで乾燥した頭髮護理海綿体の様に知識と経験を吸収し、ロクと組んで3年で優秀な整備士に成長した。ロクは優秀な教官でもあった。

人物たのになる



このビルは一、二階に事務所が入っていて、その上の階はアパートメントになっているのだけど、そこにわりと有名な元スポーツ選手の方が住んでいます。 お昼頃、僕が玄関脇でモップを洗っていると、その元スポーツ選手が出てきました。 なぜかタキシードに蝶ネクタイという格好でした。 車道香港公司註冊を見ているので、「タクシー待ってるのかな?」と隣の同僚に言うと、元スポーツ選手にも聞こえたらしく、こっちをチラッと見ました。 やはり有名人は常に他人の視線や話し声を気にしているものなのでしょうか。 やがて日テレのライトバンが彼を迎えに来ました。 何かおめでたいことでもあるのでしょうか。


連載終了から25年たち、50歳になった主人公たちを描いているとのこと。
子供時代に「トレンディードラマ」を観て育った世代としては、いま読んでおかないと、いつかふと思い出した時に後悔しそうだったので、少し不安を抱きながら読んでみた。

あまり期待していなかったのだけれど、読み終わったら、さわやかな気持ちになった。

もちろん一話読み切りなので大したストーリーはなく、「おまけ」みたいな話なんだけれど、なぜこんなに爽やかな気持ちになるんだろう?さっきから腕を組んで考えているのだけれど、なかなか言葉にできにない。東京ラブストーリーの続編を読みながら、主人公たちが漫画の中で25年前のできごとを振り返るのと同時に、僕は自分自身の25年前の時代的な空気や個人的なエピソードをなんとなく思い出していた。
25年前のことなんて、嫌なことはすべて忘れてしまって、楽しい防脫髮ことしか覚えていない。あんなに後悔したことも、いまとなっては自分らしさの素になっている気がする。遠くから見るととても綺麗に見える。でももちろん、もう近寄って手に触れることはできない。
ノスタルジックな思いを、自分だけでなく、登場ちと共有できる感じ。

ふたつめ。
主人公たちは、25年前のこと、25年前から現在までのこと、これからのこと、すべてをなんの迷いもなく100%前向きに肯定していた。読んでいる僕も、いまのところ自分の過去は後悔のないものだし、これからも素晴らしいも気がすると、前向き思えたからこんなに爽やかな気持ちになったのかもしれない。
このめちゃくちゃにポジティブな感じ。

というわけで、25年前のことを覚えていて、性格が割とポジティブな人にはおすすめだと思います。昼休みにみんなで中華料理に入り、味噌ラーメンと大盛りライスを頼んで、なんとなく壁にかけられたメニューを眺めていたら、同僚たちがくすくすと笑っていることに気づいた。

僕はなんとなく自分のことが笑われている気がして、シャツが汚れていないかこっそりと確認し、さりげなく手のひらで顔を拭った。

どうやら同僚たちが見ているのは、僕の後側の席のようだった。
なるべく自然瘦小腿な感じで体をよじり、後ろのテーブルの様子を確認した。

後ろの席には、おじいさんとおばあさんの二人連れが座っていた。
ただ、おばあさんは小さな子供を抱えていたが、よく見るとその子供は人形だった。